スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台湾小旅行 ~民宿に泊まると

3日目は、朝早くに九イ分を発ち、茶器が欲しかったので鶯歌(インクー)に行ってから台北に戻る予定にしていたのだが、オーナー夫人の”ピンスー線のホウトンというところに猫村がありますよ”という発言に、 なぬっ! となったワタクシ。
インクーへは茶器目当てのみ。焼き物にそんなに関心があるわけでもない、茶器を見に行ったところで物価がそんなに安いわけでもないので買わないというか、買えないことが目に見えている。

それに比べ、

1.猫村はタダな上にブラブラしながらネコの写真が撮れる!近い!
2.十分の風景もとても魅力的に見える。写真の撮りがいがありそうだ!ボランティアさんの言っていた瀧もみられる
3.天灯を上げる風景もすごく気になるっ(夜じゃないけど)

インクー行きの変更をするに十分な条件が揃ってしまったではないか~。
っつことで、予定変更。

台湾の民宿は、朝食付きだが、夜はつかないスタイルが多いらしい。晩御飯の物色もかね、夜のメインストリートへお出かけ。メインストリートまでは、住宅街をちょちょいと抜けたスグソコなので、これまた便利。適当に散策してから、部屋で次の日の旅程の組み直しをすることに。

民宿に泊まると、夜は他の宿泊客と一緒にワイワイやることがある。
オーナー夫人からお誘いをいただき、1階に行ってみると、テーブルの上にわんさかと用意された食事。
ををを~。

初めてのピータン
人生初ぴーたん

この日の宿泊客は、お隣に宿泊しているカップルとワタクシの3名であったのだが、付き合いのある画家の一家で宴会となった。カップルはこの民宿の常連らしく、3ヶ月に1度くらいのペースで台中から車でやってくるとか・・・う、羨ましい。彼女は、”日本のマンガが好きで日本語を勉強しています”とずいぶんキレイな日本語で話をしてくれた。(彼氏のほうはサッパリらしい)

飛び交う中国語に、”???”となりながらもニコニコ大人しく席におさまっていた。オーナーが日本人なので、ちゃんとワタクシも会話ができ、このあたりのことや台湾のことなど、いろいろと教えていただいた。

台湾の方と交流ができ、本当に良い一泊となりました。
いやぁ~ほんま、良かったぁ。

九分小町さん 宿に飾ってある絵は、酒席でご一緒だった画家さん(夫)の作品でした。

画家さん ← 窓からみえているお二人が画家のご夫婦。奥さんは、教科書の挿絵を描いたりもしている画家さん。
スポンサーサイト
[ 2010/09/30 21:10 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 ~九イ分の民宿

一通り観て回ったので、荷物を預けた「九イ分小町」さんに戻ることに。
いよいよ、本日の宿泊先「九イ分小町」さん(お店と同じ名前デス)に向かう。

車で数分の住宅街の中に民宿はあった。
観光街から少し離れるだけで静かでゆっくりとした時間を味わえる空間は、なんとも贅沢。

さて、いよいよ楽しみにしていた海の見える部屋(予約時にお願いしておいた)に案内していただくことに。
階段を上って、さらにドアを開けいったん外に出ると部屋への入り口が。

部屋への入り口
こんなかんじ。
うおおおおお~~~。なんかお離れみたい。(←初めての体験)

お部屋の中に入ってさらに驚嘆!感動!
うぉおおおおおおおおおお~~~~!!
九分小町の部屋入り口 九分小町のお部屋
ああ、キレイ。なんてキレイなの。
眺めも、お部屋も、調度品もっ!し、幸せすぎる~~~~。
ほんまに、貧乏旅行コレ?

九分小町お風呂
九分小町洗面1 九分小町洗面2
キレイやろっ、キレイやろっ!!
あうあうあう~~~。お風呂になーんの不気味さも持たずに入れるってぇ~~~すんばらすぃ~。っていうか、ワタクシの小部屋の風呂より快適ぃ~~~~。
ああ、もうココに住まわってしまいたい。

さらに、ベランダっていうか、バルコニーっていうかは・・・
九分小町バルコニー 九分小町バルコニー2
九分小町バルコニーからの眺め
セレブな気分っていうの?超かんどー。
あああ、シアワセ。

この時点で、明日の台北市内泊が憂鬱になったワタクシ。
もう一泊したい、明日台風来るし?(もう一泊したら、多分帰国できませんでした)


皆様、 台湾へおいでの際は九イ分で一泊デス!
オーナーは日本人ですので、ほぼ純和風ですが、そんなの関係ナイナイナイ。外は「九イ分」その空気を味わうゆとりをくれる寝泊りの空間。
最高の贅沢ですゾ。

かわゆい急須
【 日式旅宿 九分小町 】
http://tw.myblog.yahoo.com/komachi2510/

台湾小旅行 九イ分名物路地

日本人には、宮崎 駿氏の「千と千尋の神隠し」で有名らしい「阿妹茶楼」のある路地。
あ~、そうなんですかぁ~?1回しか見たことがないのでよく知りませんが~どのヘンが?
狭く急な階段が続く路地に提燈がかわいらしい、写真に撮りたくなるような風情でした。

昼間の階段 昼間のようす

夜の階段 夜のようす

朝の階段 朝のようす


阿妹茶楼さん
阿妹茶楼1
阿妹茶楼2 阿妹茶楼3

人は多くても、そのほうが雰囲気があって良いのだと思える風景でした。

いよいよお宿へ → 台湾小旅行 九イ分の民宿
[ 2010/09/30 02:21 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾の景色 ~路地のむこう~

九分の風景2
[ 2010/09/30 02:00 ] photo | TB(0) | CM(-)

台湾の景色 ~九分の空~

九分の風景1

[ 2010/09/30 01:57 ] photo | TB(0) | CM(-)

台湾の景色

ろくな写真が撮れなかった今回の台湾小旅行。

ある意味、某国滞在中についたクセといえるきがするのだが、カメラをじっくり構えることをしなかった。
”写真とってもよかですか?”という言葉を頭に叩き込んでいけばよかった・・・。
次回は、写真に収めるということをきちんと考えた旅程を組みますっ!ピンスー線は、収めガイがありそうだからねっ。どっかで一泊したいくらいよっ!

ってんで~、良い写真はありゃしませんが、UPしていこうと思います~~。
[ 2010/09/30 01:56 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 九イ分観光

町をウロウロするのが好きなだけで、ぶっちゃけ旅先で殆ど何もしません。
観光は苦手デス。

メインストリート  九ふんの町2
九イ分は完全に観光地化されているので、通りはおみやげ物屋さんでビッチリといえる。もちろん日本人もわんさか。少しだけ土産を買う予定にしていたので、予めチェックしていたお店をみながらウロウロ。

蒟蒻ゼリー屋さん
蒟蒻ゼリーのお店  蒟蒻ゼリーおみせ

ウマいっす!モチモチ、シャッキリ?
日本の板コンの食感に似ていながら、しっかりフルーツのお味。

蒟蒻ゼリー1 蒟蒻ゼリー2
土産にとても良いのだが、なんせ重い。

水飴屋さん
水飴屋さん
円錐形の袋の中の水飴を凍らせてから、袋をめくって食すらしい。1束購入したのですが、写真をとりわすれちまいました~あはは~。

芋圓
芋圓1 芋圓2
コレ、是非に食べてみてください。
タロイモと小麦粉を練ったものらしいのですが、白玉のような食感で美味しいで~す。
甘い煮豆さんと一緒にいただきます。
温かいものか、冷たいものか選べました。

芋円やさん 芋圓のお店
ワタクシは此方のお店で堪能いたしました。

その他
グァバ
グァバに梅の粉をかけてくれたのだが、要らないと思った。冷えているほうが美味いと思う。
ジュースのほうが良かったかなぁ~と少々後悔。

エリンギの丸焼き
エ?エリンギ山積み。丸焼き?とびっくり。
はじめて見た・・・
ワタクシは、今回はパス。

写真ナシですが、茶葉を2件のお店で購入。
九イ分茶坊さんは、とてもキレイな店内でイロイロな茶葉を飲ませていただけるよう。(日本語で説明してくれます)ワタクシは、水出しの東方美人をいただきましたが、絶品。
店内にはオーナーデザインの茶器も揃っていました。欲しい~~~!とは思いましたが、貧乏旅行故に諦めることに。決して安くはアリマセン。しかし、アレを日本で買おうと思ったら、さらに値段が張るんだろうとおもうとやっぱ欲しい・・・よなぁ。

って、ごく一部の食いモン屋ばっかりやん・・・。
もっと、もっと、たくさんお店があるので、本当にイロイロと楽しめます。
九ふんの町4 九分の町5


追記
ワタクシは、台湾の人っぽく見えるタイプなのか?
飴屋と茶葉の店でいきなり中国語・・・
アジア圏の渡航経験はほとんどないが、思うに、わたしゃーきっと、タイあたりまでのアジアでは地元の人間と間違われることが多いのだろう。

台湾小旅行 九分名物路地 へ
[ 2010/09/30 01:25 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

久々のミラ・ジョヴォビッチ

バイオハザード アフターライフを観た。
アンダーソン監督が好き、ミラのアクションが好きでこのシリーズは楽しんでいる。

ん、冒頭のミラ、大変カッコえがったす。
子供を産んだってコトもあるのか、コスチュームのせいか、体つきが女らしいラインに見えた。
それと、シリーズ通して一番化粧が濃かったのも産後だから?アイライン濃すぎで、もったいない感じがしたが・・・。
しかし、相変わらず本当にキレイでカッコイイ。

ミラは、gunよりも、やっぱりblade。ほんと、カッコイイ。
もう少し、ミラのアクションをみたかった。
ちょっと物足りない感じが残念。

続編は、早めにお願いしたい。

追記
ワタクシ、映画はやっぱり苦手だと思った。
観ることが、映画館である必要が全くないに等しい。
[ 2010/09/29 22:39 ] みるもん | TB(0) | CM(-)

タバコの買いだめ、すべきか否か。

今日は29日、明後日が30日。
カートンでストックすべきか、否か。
うーん、うーん、うーん。

ワタクシの指定銘柄は現在290円。
10月1日から、タバコ屋のおねいさんいわく410円。

うーん、うーん、うーん。
うーん、うーん、うーん。

あと2日しかない。

うーん、うーん、うーん。

ん?止めるという選択?
そんなもん、あるかいや。
[ 2010/09/29 03:21 ] つぶやき | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 九イ分到着

韓国のファミリーと別れ、コッチやろと思われる宿の方向に歩き始める。

九分坂道
えっさ、ほいさ

九分の風景1
ををを~~~~!びゅりほー

本日の宿泊は、「九イ分小町」さん。
坂を少し行った分かれ道のあたりに、宿と同じ名前のお店があったので(事前に情報入手済み)宿の正確な場所を訊ねるとオーナーさんがお仕事の真っ最中。車で宿まで連れて行くので荷物を置いて散策するよう提案してくださった。

お言葉に甘え、観光スポットを散策でーす! → 台湾小旅行 九イ分観光
[ 2010/09/29 01:22 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 台北~瑞芳~九イ分

台北から瑞芳まで、自強号をつかったので40分ほどで到着、あっという間。

瑞芳出口1  瑞芳出口2
九イ分は有名観光地なので、人の流れに沿って行けば良し、サインに日本語もありで困ることなし。

改札を出てバス停に向かう途中、家族連れのお父さんに声をかけられた。

”日本からですか?ヒトリですか?ココは初めてですか?”
”バスで行くんですか?” ・・・in English

国外の一人旅では、声をかけられることが多いのは何ゆえか?

わたしゃー日本人で、この土地は初めてです。一人なんでバスで行くつもりです。
とお答えし、ほなさいならでスタスタとバス停に。

瑞芳駅周辺2  瑞芳駅周辺1

バス停の列についたところで、先ほどのお父さんがワタクシめがけてやって来る。

”タクシーで180元らしいけど、私たちと一緒に行きませんか?”とお誘いにわざわざ来てくださったのである。
80元でよいとのコトで、ヒトツ返事でホイホイとご一緒させていただくことに。
ぐふ、ぐふふ。らっちぃ~~~

車中で少し話をさせていただいたのだが、一家は夏休みの旅行で韓国からいらしたとのことだった。
わたしゃーてっきり台湾の方かと・・・
しっとりとした奥様と、利発そうな坊ちゃんの様子から良いご家庭の雰囲気がうかがい知れる、そんな素敵なファミリーでございました。淡水のほうやら、101やらいろいろまわったよ~と楽しそうにお話してくださいました。


九分入り口
駅から遠いのかと思っていたら、タクシーだと15分かかった?アレ?というくらいあっという間に九イ分に到着。
タクシーを降りてから、奥方と坊ちゃんと一緒に記念3shot。

ボンボヤ~ジュ!
ワタクシは、荷物が重いのでとりあえず宿に向かうことに。

続く → 台湾小旅行 九イ分到着
[ 2010/09/29 01:17 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 台北駅で切符買う

故宮博物院から撤収。昼からは九イ分の予定なのである。
とりあえずバスに乗り込む。台北と書かれたバスに乗ってはみたものの、どういう経路でバスが走るのかもわからないため、行きのMRT士林駅で降りることに。ま、バスよりは早く台北駅に戻れたはず故、25元余計にかかったのかもしれないがヨシとする。

さて、MRTのホームから台鐡切符売り場へ。

台北駅舎

・・・どこで、買うの?

”当日票”なる売り場で買えばよいと調べていたのだが、ワタクシが注意散漫だったのか
ぱっと見渡した”当日票”と書かれた売り場は自動券売機のみに見えた。

ううう・・・

広い駅舎のなかをウロウロ見回り、とりあえず時刻表で乗りたい列車の時間をチェックしメモに書き写して窓口に向かう。
行列に並ぶ間、ワタクシの心の中は”あ~、この窓口で当日券を売ってもらえるんやろか、チャウでとか北京語でほにゃらら言われてもさっぱりやっちゅうねん”
とドキドキであったが、メモ書き

9月17日
台北站-瑞芳站
自強號 12:00
1張

を渡すとすんなり発券していただけました。

自強号切符
わーい。
念のため、プラットフォームなどの情報を得ようとインフォメーションの日本語対応していただけるボランティアさんに声をかけてみた。

切符をみせると、丁寧にプラットフォームへの行き方を教えてくださった。あ~、ありがたや。
さらに、”九イ分に行く?他にはどこにも行かない?”ソレはもったいないと言わんばかりに”ココまで行くと瀧を観られる”だとか、”天灯が観られる”だとか、時刻表を見せて説明してくださる。

ワタクシの予定は、九イ分一泊でゆっくり。瑞芳周辺の見所について十分な下調べをしておらず、旅程を練り直す余裕もなく ”ま、マタ今度ね”(←心の声って、来る気なんかいっ)とほぼ聞き流し。

時刻表1 時刻表1アップ
時刻表は、大切な旅のお供。もらっておきましょー!超便利。

しかし、
このボランティアさんのご提案が翌日のワタクシ行動の基となるとは、この時点で想像すらできませんでした。
アドバイス、本当に有難うございましたっ!!

台北駅第4月台 いざっ、瑞芳!いざっ、九イ分!

続き → 台湾小旅行 台北~瑞芳~九イ分
[ 2010/09/29 01:03 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾旅行 メモ書き篇

台湾滞在中、”ヘェ~~”と思ったコト。

1.室内は禁煙、路上喫煙はOK
だったのだと思う。宿泊先では、玄関先まで出て行って喫煙。
コレが面倒なのであった。部屋でゆっくり喫煙したいと思ってもできない・・・
でも、外でなら喫煙できるだけで十分ありがたいことデゴザイマス。

2.信号機のカウントダウン
大阪人にはうってつけっつーか。イラチなワタクシにぴったりなシステム。

歩行者用信号
歩行者には、あとどのくらいで信号が赤に変わるかのカウントダウンつき。
カウント10をきると横断中の青い人も急ぎ足になる。

車用信号
しかし、大阪人に対し、赤信号のカウントダウンは逆効果かも・・・とも思うのであった。
赤信号のカウントダウンは車両用。

3.台湾の駅というか、街中というか
メッチャキレイ。塵ひとつないといった印象がもてるくらいキレイでした。

MRTプラットホーム
MRTのプラットホームはすんごくキレイ。ちなみにこの後行った瑞芳の駅もキレイだった。
当然のことなのか、故宮博物院もすんげ~~~~くりーん。
[ 2010/09/25 02:43 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 故宮博物院

2日目、朝一から故宮博物院に行く予定にしていた。
ゆっくりしているつもりはなかったのだが、少々出遅れてしまった。

MRTで台北~士林まで出て、そこからバスで現地に向かう。
台北駅舎 → 士林駅
(台北駅)

士林から255のバスに乗るつもりだったのだが、いまひとつ乗り場がわからなかったのでわかりやすい小18のバス停に行くと、程なくして「故宮博物院」と書かれたバスが来たので乗ってみた。

”書いてあんねやさかい、行くんやろ”である。

バスの中の路線図を見ると、ちゃーんと通過するバス停の先に「故宮博物院」があるので間違いない。
”ああ、海外なのに漢字がわかるって素晴らしい”
と思いつつ安心して短いバスの旅を楽しむ。それにしても、本当に原チャリの多いこと。この環境に慣れないととても車なんて怖くて運転できないってかんじ。

さて、博物院前に到着。
故宮博物院正面 故宮博物院から
ガイドブック等で調べてはいたが、念のため運転手さんに運賃を確認した。
「すぅう~?」と訊くとウンと頷いてくださったのだが、 わ、ワタクシとしたことがぁ~~~! 手持ちの小銭が、50元玉と1元玉数枚ってぇ~~~~!しゃーないので、15元を支払い35元を寄付する。ぐやぢぃ~~~~!!
(日本のバスのように両替ができたりするのかわかんなかった←日本のバスは今でもできるのかは知らない?)

ワタクシは、どこへ行っても博物館だの、美術館だのに行くタイプではナイ。
パリでアノ”ルーブル”にすら行かなかった私が故宮博物院?
台湾に行ったことのアル身内が口をそろえて面白いというので珍しく行くことにしたのは、ネットやガイドブックの写真で見た”白菜”と”東坡肉”に興味が沸いたからである。

着いた頃は人も少なめで、せっかくだからと1階から順に観て回っていたのだが、目的の”白菜”と”東坡肉”のある3階に着くころには博物院に観光客がわらわらと到着しており、小さな白菜と東坡肉前は押すな押すなの黒山の人だかり状態。味わう余裕もなくゲッソリ。

博物院で興味が持てたのは、宋と越南の焼き物と清の象牙の彫刻。
象牙の彫刻は、驚異的な細かさで中国人にまぢ脱帽ッス。

博物院内

この像の右側がお土産物コーナー。
こちらもたくさんの人で・・・あああ。

追記

博物院のごみいれ
ごみ入れがなんだか、とっても博物院ぽくてよいなぁ~とおもったのであります。

→ 台湾小旅行 メモ書き篇
→ いよいよ九イ分へ、まずは台北駅へ 台湾小旅行 台北駅
[ 2010/09/24 21:30 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 士林でたべたもん

台湾好きからすれば、たった2件~~~?と言う声も聞こえてきそうですが
ワタクシは十分満足したですよ。

劍潭駅ドまん前の美食エリアにて

「小荘官財板」さん
小荘官財板のあげぱん  小荘官財板のあげぱん2

とっても愛想のよい、やわらかい雰囲気のお母さんが優しく対応してくれました。
食パンをサッと油で揚げ、サクッと片面に切り込みを入れてふたを作り
その中に具をいれ、その上にシチューのようなものをとろりとかけふたをする。
具はいろいろと選ぶことができますが、ワタクシは全部入ったものを頂戴しました。

ん、美味!

まさにB級グルメ。
パンの揚げ加減は、妙技!といえる素晴らしさ!!

「楓霖冰果」さん
台湾かき氷のお店

激ウマ。 コレ、多分2人でわけわけする量なのかもしれませんが、ペロリとイケマス。
削られたミルクの氷はまるでボタン雪のようにフワフワ。練乳とフルーツの組み合わせは・・・とても言葉にできませんっ。素敵な素敵なお味でございます。

台湾かき氷1

もっぺん食いたかったぢょぉ~~~~~~!!!!

比較対象にするのは間違いなのかもしれませんが・・・
コレをカキ氷というのであれば、日本のカキ氷はハナクソみたいにおもえたりした。
別物なんでしょうけど。

続き → 2日目 台湾小旅行 故宮博物院
[ 2010/09/24 20:35 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 士林夜市

夜市が有名だと聞いていたので、一応行く予定にはしていた。
1泊目の寝るだけホテルが台北駅すぐそばということもあり、有名で大きいらしい士林夜市に行ってみた。

え~まず、ホテルから超近所の台北駅まで出る。
通りに面したMRTの入り口から地下に入り、サインに沿ってMRT(捷運)台北站、淡水線のホーム(月台)まで行く。

MRT券売機   MRTコイン

切符ならぬ、コインを購入。台北~劍潭 20元区間
コレ、どないするんやろ??と思いつつ改札機に”タッチ&ゴー”(って、suicaでなぎらさんがやってたかんじ)
出るときはコイン投入口に入れるシステム。


淡水線の”北投”方面の列車に乗り込み5駅目の「劍潭站」で下車。

劍潭駅前

超~~~簡単っ!難なく、あ~~~~っというまに目的地まで到着。

とりあえず美食エリア~~~!と目指していたつもりが、どう見てもお買い物ゾーンに突っ込んでいたワタクシ・・・。
”行ったらわかるやろぉ~”のノリで位置関係を頭に入れていなかったのである。
観光客にあるまじきスピードでガンガン歩いて、気が付けば予定外の慈誠宮あたり(多分)までたどり着いてしまった。このエリアを探索する気もなかったので、食い歩きをしていた日本女性2人連れに訊いてみた。
どうも、駅前にあるらしい。ってんで~急いで駅前まで戻る。

買い物エリア奥の寺?
↑予定外のココまで行った。

買い物エリアについては、”別にココで買わなくてもいいんぢゃね?”
ぶっちゃけ、日本と物価変わんないし、物もそんなに変わりないし。
人が多いだけで、ワタクシには何の魅力もないエリアであった。地元民には意味があるんだろうと思われる。
ストールは安かったので帰りの飛行機用に1枚購入。

さて、駅まで戻ってみたところ、駅前も駅前、駅のまん前に目的の美食エリアがあった。卸市場的建物が目的の場所だったのである。

さて、匂いに警戒しながら屋台市場に突撃。
お買い物ゾーンにもちゃんと食べ物屋があり、噂に聞く”臭豆腐”のカオリに窒息しそうになったワタクシ。
アレを食えと言われてもムリッ!全然ムリッ!逆立ちしたってムリッ!
”本当に申し訳ございません” 土下座してお断りするしかありません。

当然のことながら、美食エリアでもお豆腐のかほりが・・・匂いを掻き分けるように負けじといくつかチェックしていた目的の屋台を探す。
”胃の調子悪いしぃ、ヒトリだしぃ、誰かと少しずつな~んてできないしぃ~~、残すのやだしぃ~~~”という事情から、お味を堪能させていただいたのは2つの屋台だけ。

あはは~~~。


大きな地図で見る

台湾小旅行 士林でたべたもん ヘもど~ぞ
[ 2010/09/24 20:20 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行 桃園空港~台北市内

KIXを17:00発の飛行機に搭乗し、台湾到着が現地時間の18:40ころ。
バス代用に2000円だけ両替し、チケット売り場まで急行。

いそげーいそげー。
ほぼギリギリに目的のバスに乗り込み台北市内まで移動。
バスに乗り込むとほぼ満員。空いていると思しき席を発見し、ゼスチャーで”OK?”と確認を取り無事着席。
着席後いきなり中国語でなにやら話しかけられるワタクシ。

???

”日本人デス”と日本語で返すと、日本語が返ってきた。
”台湾の人かと思って中国語で話してしまいました”
って・・・。

おじ様は中国本土の方で、日本国内にある会社にお勤めで、ちょっと遅い夏休みをとり親戚のいる高雄まで行くとのコトであった。空港でゆっくりラーメンを食して、肝心のバスを逃してしまい、次のバスまでかなりの待ち時間があること、高雄着が1時を回ることから台北に1泊することにしたそうな。
しばらくするとおじ様は、ワタクシが宿泊する宿の値段を訊いてきた。宿は決まっておらず、どんなホテルがあるかも知らないことから、ワタクシの宿泊予定であるホテルの相場を確かめたかったらしい。どうも納得のお値段らしく一緒に行くことになったのである。(不安的中)

台湾のスクーター
何も知らないワタクシ。原チャリの多さにびつくり。(バス車中から)

ワタクシは、台北駅からモチロン徒歩で行くつもりで、ばっちり地図も手に持っていたのだが、おじ様は人に訊いたほうがよいといって
その辺の地元民に話しかけるではないか!

あ~~~イライラ~~~~~!歩いていくっっちゅーねん!(←心の声)

地元民は、タクシーで10分とか言っているという。
なぬっ!コレ、そんなに距離あるの?!

初っ端から余計な金を使いたくはない。おじ様の意見は無視して歩いていくことに。なんのこたーない、知っていれば徒歩で10分もかからない、超便利な場所にホテルはあった。
ムッフン!

ロビーでおじ様と無事別れ、チェックインを済ませ、荷物を置いてすぐさま士林夜市にれっつらごー。

追記
行きの飛行機極寒。ほんま、たまらんわ。
JetStar、ブランケットもカワナアカンし・・・。


華華大飯店
華華大飯店(本館)
ゆったりとした室内。場所は台北站から新光三越の道をちょちょいと行ったちょー便利な場所。

大きな地図で見る

続く→台湾小旅行 士林夜市
[ 2010/09/24 20:07 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

台湾小旅行

先日、3泊4日で台湾に行ってみた。

就業中であると想定し、航空券の料金をできる限り抑えられる日程で3泊4日となった。(のだが、バッチリ失業者)しかーし、実質2泊?1泊?のような内容となってしまい、大変大変後悔している。

ので、りっべーんじの予定である。(時期未定)

今の今まで台湾に何の興味も持たずにいたため、どんな土地か全く知らずで、かなり無駄のある旅程を組んでしまい、現地で行きたくなったところに行けなかったのである!
あ~、ぐやぢぃ~。

台湾小旅行きろく
台湾小旅行 桃園空港~台北市内
[ 2010/09/24 19:55 ] 旅行 | TB(0) | CM(-)

不思議な日本語

某国滞在中、帰国する人からいただいた乾燥カットわかめ。

え~つと

わかめ?

・・・
[ 2010/09/24 15:46 ] つぶやき | TB(0) | CM(-)

大阪市交通局のポスター ~忘れないで~

こんなんもあったんやった。

忘れないで1
<キャスト>
監督:和須 漣
脚本:木津 耕陽

沖 サリイ(新人)
石木 翔

置き忘れには注意しよう!

その他のシリーズはこちらから → http://0dimension.blog103.fc2.com/blog-entry-307.html
[ 2010/09/24 15:40 ] 街あるき | TB(0) | CM(-)

ウヲッ!いやなかんぢ?



南の熱帯低気圧。
コレ、たいふーんになったりしないよねぇ、しないよね?
台湾行きにぶつかりませんよーにっ。ナムナム
[ 2010/09/02 10:21 ] つぶやき | TB(0) | CM(-)
☆ 家族の一員に ☆
☆迷子をさがしています☆
☆フェイクで十分!!☆
同盟バナー猫ミニ動同盟バナーうさぎ中動
☆ ライフボートの募金 ☆
Ping送信チェッカー
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。