スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mi/Do/Ri~緑遊のすすめ~をみた

Mi/Do/Ri~緑遊のすすめ~「伊豆・大自然と共演する~冨田勲~」
気になる作曲家だったので、妹からこの番組のことをきいてみてみた。(注:ワタクシは、受像機は持っておりません)

すっごく期待していたのに・・・ワタクシはこの番組の趣旨を知らなかったので大変がっかりした。
が、 冨田さんの感性の素晴らしさだけはよぉ~~っくわかりました。音に対する感性は、本当に素敵だと思えました。ただ、ナレーションが邪魔で邪魔で・・・吉岡秀?ナレーションむいてません、いけてまセン。声がいけてない上に、あの口調だし。水樹奈々ほどではないにせよ、ワタクシもある意味声フェチ故、アチシ、ダメですわ、あきませんわ、アレ。っちゅーわけで、イライラ全開。せっかくの冨田さんの音の調べの場面でクソ忌々しいナレーションかぶせやがって、どんな趣味しとんねんっちゅーか。まぁ、そういう趣旨の番組なんでしょーーーーけど。

竹林を風が通り抜けるときに鳴るいろいろな音に、シンセサイザーで風を表現しようとしてそれをやめ、明珍本舗の火箸を選んだ冨田さん。本当に音が好きなのだということがよくわかった。すごいなーホント。

明珍本舗の火箸は本当に素晴らしい音がする。
聴くことができただけでもラッキーだったが、玉鋼を打った火箸の音を聴いたことがある。さすが玉鋼、別次元のものだった。ワタクシのつたない日本語では、とても文字や言葉で表現できない。

久しく、音の世界から離れているので、また音の世界に出かけられると良いなぁ~と思うのでありました。
[ 2011/01/18 23:07 ] みるもん | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

☆ 家族の一員に ☆
☆迷子をさがしています☆
☆フェイクで十分!!☆
同盟バナー猫ミニ動同盟バナーうさぎ中動
☆ ライフボートの募金 ☆
Ping送信チェッカー
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。